任意売却とは

住宅ローンには「抵当権」がつけられます。これは、ローンの返済が滞った場合に土地や建物を担保にできるというもの。 つまり金融機関は、住宅ローンが支払われなくなった場合、不動産を差し押さえて競売にかけることができるのです。 不動産を競売によって売却されてしまうと、市場価値よりも大幅に安価な価格で売却される可能性が高くなります。 それを回避するため、競売に掛けられてしまう前に「任意売却」を利用することで、専門業者へ市場価格に近い価格で不動産を売却することができます。

こんなお困りごとはありませんか?

  • 住宅ローンの返済が苦しい・滞納している
  • 住宅ローンの完済が見込めない
  • 別の借入金返済が困難になってきている
  • 離婚で住宅ローンの支払が困難、もしくはその予定がある
  • 税金を滞納し、不動産を差し押さえられてしまった
  • 自己破産している、もしくは検討中である
  • ローン返済の滞納で催促状や催告書、競売開始決定が届いた
  • 連帯保証人へ迷惑をかけたくない

上記のようなお困りごとがありましたら、できるだけ早くご相談ください。
競売にかけられてしまう前に不動産の売却が可能な「任意売却」を承っております。

任意売却と競売とリースバックの比較

  任意売却 競売 リースバック
売却価格 任意売却は市場相場に近い価格での売却が可能。 市場相場よりもかなり安い金額で強制的に売却される可能性が高い。 リースバックによる買取価格は、市場価格の6~8割程度となるケースが多い。
引っ越し 交渉で承諾を得られれば、引っ越しスケジュールなどの調整が可能。 強制的に売却され、即退去となる可能性がある。 不動産を売却後は、賃貸の形でそのまま住み続けることが可能。
プライバシー 周囲に知られることなく売却を進めることが可能。 強制的に売却され、即退去となる可能性がある。 そのまま住み続けることが可能なので、周囲に知られることがない。
将来の生活 新生活の準備資金も確保が可能。生活再建の目処を立てやすい。 生活再建の目処を立てるだけの、金銭的・精神的な余裕を生むことは難しい。 今まで通り住み続けることが可能なため、生活が大きく変わらない。再購入も可能。

任意売却できる期間

時期 任意売却の可否 状況
ローン滞納直前 可能 返済が困難になりそうな状況ではあるが、毎月の返済をなんとか行っている。
ローン滞納3ヶ月迄 可能 金融機関から督促状や一括弁済通知書が届く。
ローン滞納4ヶ月迄 可能 競売の開催通知書が届き、通知から約4~5ヶ月で競売開始。
ローン滞納5ヶ月迄 可能
早急に相談
物件調査で裁判所の執行官が訪問。競売間近。
それ以降 不可 競売が始まり、落札されると所有権が移動。強制的な立ち退きを求められる場合もあり。

《任意売却が可能な期間は決まっています!》債務者との合意が必要になるので、ローンの支払いが難しくなった頃に、早めにご相談ください。

競売より任意売却の方がお得!

競売より任意売却をオススメする理由をご紹介させて頂きます。売却という決断にならないのが一番ですが仕方ないこともあります。 そんな中で最善の対応(任意売却)をしていきましょう。

  • 市場相場に近い価格での売却が可能!

    任意売却は通常の不動産取引と同じ売却活動を行います。そのため、市場相場に近い形での不動産売却ができます。 競売は強制的な売却となるので、市場に物件が溢れている際などの売却になった場合は市場相場を大きく下回るケースも少なくありません。

  • 周囲にバレずに売却が可能!

    先ほどのお伝えした通り、任意売却は通常の不動産取引と同じ売却活動になります。そのため、周囲に人は住宅ローン滞納によって売却をしているという風に思われません。ご近所さまや知り合い、身内に対して不動産が高く売れるから売却していると説明すれば納得していただけます。競売の場合はそうはいきません。競売に掛けられた不動産はインターネットや新聞で広く告知されます。まず間違いなくご近所に知れ渡ってしまうでしょう。そうならないためにも早期の任意売却という決断が必要です。

  • 売却時にかかる費用だし0が可能!

    不動産売却をする際は通常、仲介手数料といった諸費用がかかってきます。ただ、金融機関(債権者)と売主様(債務者)の合意によって、費用負担が0になるケースもございます。任意売却は通常、住宅ローンの残債を一括で支払う必要があります。これを不動産会社が間に入って交渉することで支払いに猶予をつけたり、不動産売却にかかる費用負担を無くすことができます。

  • 自分の意志で売却が可能!

    もしかしたら、これが一番大きいメリットかもしれません。任意売却は競売と違って、自分が望んだ意志として売却を行うことができます。だれに強制される訳でもなく売却できるので、売主様自身の「納得感」は競売と比較して全く違います。任意売却後の計画も違ったものになってきます。心機一転頑張るためにも競売(強制的に売却)よりも任意売却(自分の意志で売却)を選択してください。


CONTACTお問い合わせ

tel.045-323-9440

お問い合わせフォームはこちら